カリアゲ


<<会社URL:http://www.kariage.tokyo/>> 集まれ!みんなの情報局

東京の空き家を内装リフォーム費用負担で、サブリース。ルーヴィスのカリアゲは空き家の借り上げを行なっています。形態問わず築30年以上で1年以上空室が続く物件を、改修し価値ある部屋へと再生します。


リノベーションの関連情報

リノベーションとは、 リフォームと比べて大規模な建物の改修のこと。本項で詳述する。 英語のrenovationは建物の改修のこと。英語でreformは改宗、心を入れ替えるという意味で建物の改修の意味には使われない。リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることである。マンションの一部屋から一棟、また、木造・RC造・鉄骨造等、特に構造に関係なく行うことが可能。
※テキストはWikipedia より引用しています。

古い空き物件をお持ちのオーナーさんに素晴らしいご提案です。 「カリアゲ」をご存じでしょうか。 運営は株式会社ルーヴィスです。 築30年以上の空き物件を、オーナーの負担がゼロで再生して、転貸するサービスです。 東京都内には空き家十戸が2013年の時点で81万戸以上ありました。 その中でも、築30年以上経過する賃貸物件は、賃料が下がり続けるが、 空室率は高くなる一方です。 部屋は人が住まないままで放置されていると痛みはどんどん進みます。 そのためさらに修繕費用が高くなり、固定資産税もかかります。 要するに古い空き物件だと持っているだけでどんどん費用だけがかさむわけです。 また売却しようにも価格はどんどん下落しています。 そして密集地にある古い住宅は、倒壊や放火などの危険にも晒されており、 地域住民の不安にも繋がりかねません。 そこでカリアゲを利用するとそのような悩みが一気に解消されます。 築30年以上で1年以上空室・空き家の築古物件が対象になります。 古くて貸しづらい物件ではありますが、近年は築古ならではの懐かしい佇まいの物件が見直されています。 新築では決して出せない味わいを上手に生かしながら改修して、 住居やカフェ、店舗などに利用することで付加価値が付くのです。 条件に見合っていれば、建物の形態は問わないということです。 もともと賃貸物件の目的で建てられたものでなくても借り上げが可能です。 契約期間は6年間となっています。 その6年間の契約期間中は賃料の10%がオーナーに支払われます。 たとえ空室や家賃滞納が発生したとしても保証されます。 そして契約期間が終了した際には賃料全額がオーナーの収入となります。 その契約期間中の入居募集や入退去手続き、経年劣化による修繕、設備の交換、 入居者退去後の原状回復などはルーヴィス側で行ってくれます。
Tagged on: , カリアゲ