ジャパンドッグアカデミー


<<会社URL:http://www.japan-dog-academy.com/voice>> 集まれ!みんなの情報局

ドッグトレーナー・ドッグセラピストを目指すならJDA。こちらのページでは、実際にドッグセラピスト・トレーナーとなった卒業生の声と共にJDAが選ばれる理由を説明しています。


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

近年では動物を取り巻く環境も多様化しており、想像以上のストレスを抱えることも少なくありませんが、ペットとして人気の高い犬もその例外ではありません。小型犬などは冷暖房完備の部屋の中で飼い主と一緒に生活をしていますし、大型犬でも条件によっては長距離の散歩がしづらいこともあります。ストレスによって人間のような疾患を抱えたり、不注意で怪我をすることもありますし、老犬になれば体が不自由になることもありますから、ドッグセラピストが犬を癒すことは必要です。犬専門のドッグセラピストになるには、動物に警戒されない人であることは大前提ですが、指定の学校でしっかりと学べば誰でもなることが可能です。犬の生体や特長を一から学び、飼い犬がリラックスできる状態に導く技術を習得できるので、安心して仕事に就くことが可能です。セラピストに向いている人は、犬に安心感を与えて無理強いしない接し方ができるタイプです。自然な流れでリラックスさせることで、日頃のストレスから解放された犬は、本来の元気な姿を取り戻します。攻撃的になってしまった飼い犬や吠えぐせがついてしまったときには、飼い主でも制御することが出来ないこともあります。この学校ではドッグトレーナーも養成していますので、愛犬のちょっとした生活習慣の改善も提案することが出来ますし、困りぐせも直すことも可能です。犬は、平均して10年以上は生きますので、お墓に入るまで見守り一緒に生活をする覚悟が必要ですが、長い年数の間にはさまざまな出来事に遭遇します。ときには、子犬が産まれたり性格が変わったりすることもありますが、ドッグセラピストに癒される時間を持てばよい変化が生まれます。とくに都市部に住む人が犬を飼うと、アスファルトの熱による愛犬の脚への影響も気になりますから、自転車のかごに乗せたり自動車に乗せて移動することがあり、散歩の意味をなさないこともあります。そんな疲れた生活をしている飼い犬を救うドッグセラピストは、現代社会ではなくてはならない職業です。
Tagged on: , ジャパンドッグアカデミー