PULLUP


集まれ!みんなの情報局

株式会社プルアップは一棟RC収益物件に特化した不動産投資専門会社です。出口戦略のことなら弊社へお任せください。オーナー様の利益を最大化致します。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不動産投資への関心が高まっていることもあって鉄筋コンクリートへの注目が集まっています。住まいとしてのメリットだけでなく、投資・収益物件としてのメリットが知られるようになっているのです。 鉄筋コンクリート作り(RC造)はその名の通り鉄筋をコンクリートで補強した建物のことです。引っ張る力に強い鉄筋と圧縮する力に強いコンクリートを組み合わせることで非常に優れた耐久性を実現しています。平均的な耐用年数で比較すると木造が20~25年程度、鉄骨作りが30年前後なのに対して鉄筋コンクリート作は45~50年と群を抜いた長さとなっているのです。 こうした耐久性と強度は耐震性能に関しても大きなメリットを備えています。しかも構造は「モノコック構造」と呼ばれる外から加えられた力が一点に集中せすに分散する作りとなっているため、地震の衝撃にも耐えやすい環境にあります。木造や鉄骨造のように柱や梁によって支えられている構造だと揺れの衝撃がそこに集中してしまうことで負担が大きくなってしまう難点があるのです。 断熱・気密性、遮音性能に優れている点も鉄筋コンクリート造の特徴・メリットです。コンクリート造のため隙間が少なく、空気を逃しにくいうえに音を遮断しやすい環境にあります。冬暖かく、夏涼しい、しかも床から天井まで室内での温度差が非常に少ない点も大きなメリットです。この点は光熱費を下げるといったコスト・環境面においても恩恵をもたらしてくれることでしょう。 これら住まいの環境としてのメリットは収益物件としてのメリットにも結びつきます。耐用年数が長ければ長く収益を上げることができますし、ローンで購入する場合には返済年数も長くとることができます。耐震性能の高さは安全性が求められる現代の需要にピッタリ合っていますし、プライバシーを重視する要望にも応えることができます。こうした点から鉄筋コンクリートはマンションの構造として非常に優れた条件を備えているといえるのです。住む場合も買う場合でもこうした点を踏まえた上で物件探しを行っていきたいところです。