アテネ・フランセ


<<会社URL:http://athenee.jp/1_french/>> 集まれ!みんなの情報局

フランス語で会話したいならフランス語学校、アテネ・フランセへ。全くの初学者から上級者まで、目的とレベルにあった講座を用意しています。フランス語を学びたい皆様のご登録をお待ちしています。


フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フランス語を学びたいのであれば、1913年に創立された老舗の語学学校に入学してみてはいかがでしょうか。日本で最初に創立されたフランス語学校としてよく知られており、これまでにたくさんの知識人や文化人がこの語学学校で学んできたという実績を誇っています。14を超える様々なコースが用意されていて、フランス語だけではなくフランス文学や哲学を学ぶことも可能です。フランス語検定を目指している人のために、検定対策も実施されています。初級者はもちろんのこと上級者も指導してもらうことができ、生徒一人一人のレベルに合ったコースを見つけることができます。秋学期は9月21日から12月14日までとなっていますが、学期の途中で入学すると割引制度が適用してもらえるため損になることはありません。またこの語学学校が主催するフランス語上級試験も実施される予定になっています。フランス語検定の2級レベルなので、検定対策として受けてみることもできます。体験レッスンも用意されているので、これからフランス語を学んでみたいという人は申し込んでみてはいかがでしょうか。クラス見学も実施されていますが、見学できる期間が決まっているので興味がある人はスケジュールを確認しておくようにしてください。地下1階に備えられているホールではフランス物産展が開催されたりします。誰でも自由に入ることができるので、チェックしてみてください。この語学学校ではオリジナル教材や責任編集した書籍もあります。オリジナル教材は通信販売もされているので、遠方に住んでいて通うのが難しいという人はオリジナル教材を購入してみてはいかがでしょうか。責任編集した書籍には旅行に便利な10の基本フレーズが学べるものや、1400の基礎単語が学べるものなどが用意されています。この語学学校ではフランス語だけではなく英語や古典語のコースも用意されています。合わせて学んでみてください。
Tagged on: , アテネ・フランセ